木下たかし

Main menu:


       

記事のカテゴリ

事務所へのアクセスは
こちらをご参照ください。










皆様の声を
お聞かせください!

メールでのご要望はこちらからお願い致します


FAXをお持ちの方は、下の相談票をダウンロードして送付頂くこともできます。






≪ 河川の状況 ≫

テレメータ水位

テレメータ(坂戸) テレメータ(入西) テレメータ(葛川放水路)
表示 右側が放水路

ライブ映像
葛川放水路 映像

台風、豪雨時に
ご活用下さい

サイト内検索

台風第19号災害・入西水害の要因分析と今後

左の写真は10月12日13時18分の葛川放水路です。石が詰まったかごマットの整備効果が表れ、葛川水門への水量が極端に少なくなっているのがわかります。このことから、今回の水害は大半が内水(地域に降った水)であると分析できます。一方、右側の写真は工事が進められている葛川堤防の嵩上げ工事です。この後、工事に向けた木枠は全て水防し、この規模の水害には歯が立ちません。結果的には排水機場が必須となりますが、くみ上げた水の排出先である越辺川が越水状態である以上、葛川排水機場の整備を行うためには国直轄管理河川である越辺川の改修を行う事が重要となります。その為、災害発生要因を早急に分析し、理論と方針を立て、緊急要望を行います。