木下たかし

Main menu:


       

記事のカテゴリ

事務所へのアクセスは
こちらをご参照ください。










皆様の声を
お聞かせください!

メールでのご要望はこちらからお願い致します


FAXをお持ちの方は、下の相談票をダウンロードして送付頂くこともできます。






≪ 河川の状況 ≫

テレメータ水位

テレメータ(坂戸) テレメータ(入西) テレメータ(葛川放水路)
表示 右側が放水路

ライブ映像
葛川放水路 映像

台風、豪雨時に
ご活用下さい

サイト内検索

坂戸市制施行40周年

市制
 式典に際し、下記の祝辞を述べさせていただきました。(長文で恐縮すが、私が考える坂戸市の未来を記載しました。ご一読いただければ幸いです。)

 本日ここに、坂戸市制施行40周年記念式典が盛大に挙行されますことを、心よりお祝い申し上げます。
 また、表彰の栄に浴された皆様には重ねてお祝い申し上げます。
坂戸市が、晴れて40周年を迎えられるのも皆様の長きに渡る、お力添えがあればこそ成しえた事であり、心より敬意と感謝を申し上げます。
 ご承知のように坂戸市は、昭和51年9月1日の市制施行以来、40年に渡り発展してまいりました。
そして、これからの坂戸市も、更なる発展を遂げ次の世代へと引き継いでいかなければなりません。
 私は、このような事を改めて考えていくことが、この市政40周年を迎えた意義であると考えます。
 さて、これから迎える未来の社会ですが、今までのように自然と人口が増加する事が終焉し、逆に人口減に直面いたします。坂戸市も昨年発表された国勢調査では初の人口減となりました。
 今後、高齢化率は増加の一途をたどり、医療や介護、雇用などあらゆる分野で社会には困難が生じてまいります。
しかし、坂戸市の未来には困難に打ち勝つ「希望」があります。
一例をあげれば、本市の特徴である圏央道と関越道が交差する交通の優位性を活かし、坂戸西スマート・インター周辺地区や、今動き出そうとしている坂戸インター周辺地区の街づくりでは、莫大な額の経済効果や新たな雇用が生まれます。
 市民生活では、人々に潤いを与え新たな観光資源でもある高麗川のまるごと再生プロジェクトや坂戸の玄関口である駅周辺のリニューアルなど、将来の課題に打ち勝つ為の、様々なプロジェクトが動いており、人々が周辺地域から集まってくるような街づくりが進められております。
 それだけではありません、最も希望への息吹を感じるのは、この地域に住まう人々の生き方です。
「街づくり」は「人づくり」とも言われますが、私には忘れられない光景がございます。
北坂戸駅の構内で、何かを拾いながら歩いてくる高校生がおりました。何をしているのか不思議に思って声をかけて見ると、手のひらを開いて見せてくれました。手の中には他人が捨てた煙草の吸殻が何本も入っていて、「ごみ箱に捨ててから、毎朝電車に乗るようにしている」と、その青年は、はにかんで答えてくれました。
 また、こんな話もあります。
 今では、大勢の皆さんが利用している、坂戸西スマート・インターですが、建設中、工事車両による騒音やいつも使っている生活道路が閉鎖されるなど、地元住民は大変困惑しておりました。
もはや、限界かと思われる中、心ある人が「このスマート・インターは、地元の人だけが使うのでは無い、坂戸市の大勢の人が使うのだから工事で大変でも、地元は我慢しようじゃないか」と発言され「その考え方」にみんなが賛同してくれました。
どうでしょうか、自分の事より社会や他人を思いやる心に溢れ、生活に根付いている街がこの坂戸市であります。
 これからの発展は、本市の歴史や伝統、文化、産業などの地域資源と相まって成し遂げられるものですが、それらに寄り添う、人々の精錬な「心」こそが、未来の輝かしい坂戸市を創っていく原動力だと確信いたします。
 結びに、坂戸市政施行40周年を祝し、坂戸市のますますの発展と市民皆様方のご健勝とご活躍をご祈念申し上げ、お祝いの言葉といたします。本日は誠におめでとうございます。