木下たかし

Main menu:


       

記事のカテゴリ

事務所へのアクセスは
こちらをご参照ください。










皆様の声を
お聞かせください!

メールでのご要望はこちらからお願い致します


FAXをお持ちの方は、下の相談票をダウンロードして送付頂くこともできます。






≪ 河川の状況 ≫

テレメータ水位

テレメータ(坂戸) テレメータ(入西) テレメータ(葛川放水路)
表示 右側が放水路

ライブ映像
葛川放水路 映像

台風、豪雨時に
ご活用下さい

サイト内検索

善能寺5-2班の快挙(自助・共助・ご近所)

地域の絆が求められる一方、中々人間関係を構築するのは大変ですが久々に感動的な話を聞きました。

坂戸市善能寺地内の5-2班の皆さんは、全員転居してきた方々ですが、自助、共助はご近所からとの想いから班内の広報誌を作成しているそうです。その広報誌は、子供のスポーツでの活躍や防犯等の話題に溢れ自然と近所の絆が深まってきたとの事です。更に、季節ごとにイベントを開催し世代間の交流も活発です。

そんな中、班員の方が、今年の大雪被害でカーポートの損壊と共に下敷きになってしまう事故がありました。骨盤骨折で痛みも激しく、辛うじて意識が残る中「近所の人を呼んで、助け出して欲しい」と奥さんに託しました。奥さんは慌てて近所の方に救助をお願いすると、早朝、大雪にも関わらず21人もの方がパジャマ姿を始め、着の身着のままで救助に協力され、女性陣はお湯で体を温めるなどの介抱と救急車の誘導までなさったとの事です。皆さんは雪の中、さぞ寒かった事でしょうが、この話を聞いた人にはジーンと心が温まる話しです。これが、善能寺5-2班のご近所・共助であり「絆」です。さすが!!!プレゼンテーション1